岐阜 インプラント 矯正歯科 アピカ歯科医院

矯正歯科

矯正治療とは?

矯正歯科

矯正歯科とは、お口の中に専用の矯正装置を入れ、ゆっくりと歯の位置を元通りにしていく治療になります。
ただ歯並びを治し、口の中を正常にするだけではなく、健康面と共に精神面の向上を目指す事が矯正治療の本当の目的なのです。

理学療法(超短波)


矯正の器具がお口の中にあると不快感や痛みを伴うことが多いので理学療法(超短波)を応用し、期間短縮および痛みの軽減をはかっています。まずは、お気軽にお越しください。

超短波とは?

超短波とは、ごく波長の短い電波で脂肪や筋肉を通って体の深部に直接作用します。
体の深部に到達して温熱効果を発揮する唯一の物理療法です。

超短波には以下のような効果があります。

  1. 1.代謝温度の増大
    組織内の温度を上げる事により、イオン移動が加速され代謝が盛んになります。
  2. 2.血流量の増加
    深部過熱により交感神経の緊張を和らげ、これによって血管拡張が進み血行が良くなります。
  3. 3.鎮痛作用
    血行が良くなることで疼痛による痛みを解消します。
  4. 4.筋肉への作用
    温熱作用により、痙縮している筋肉を病理学的に緩和します。
  5. 5.消炎作用
    血行増進に対して赤血球の増加・喰菌力が増加します。