岐阜 審美歯科 アピカ歯科医院

審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科は歯が持っている二つの側面を整えます。

一つは、きちんとモノを噛めるようにする機能的な側面。
もう一つは、笑顔のように見る人に好感を与えられるような美的な側面です。

審美歯科とは、その両面に焦点を当ててバランスよく整える治療をいいます。

白いインレー

オールセラミック
金属を使わないセラミックだけでできたつめものです。
より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
オールセラミック
ハイブリッドセラミック
セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。
保険のプラスチックのつめものよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。
ハイブリッドセラミック
コンポジットレジン
樹脂を素材にしたつめもの。
永年使用していると、変色したり、擦り減ってしまうこともあります。
コンポジットレジン

金属のインレー

ゴールド
金合金で作られています。
金合金はしなやかで歯との適合性もよく、天然歯との適合性もよく、天然歯に近い硬さで噛み合う歯を傷めませんし、歯茎との境目も黒くなりません。噛む力の強い奥歯での使用に向いています。
ゴールド
銀歯
天然歯と噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。
銀歯

ラミネート

オールセラミック
できるだけ歯を削らずにセラミックの薄片を歯の表面に貼りつけます。
生まれつき歯が変色していたり、歯が欠けたという悩みを解消します。
より自然な色あいと形を再現し、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
オールセラミック
ハイブリッドセラミック
できるだけ歯を削らずにセラミックの硬さと樹脂の粘り強さを持った素材の薄片を歯の表面に貼りつけます。
生まれつき歯が変色していたり、歯が欠けたという悩みを解消します。
より自然な色あいと形を再現します。
ハイブリッドセラミック

白いクラウン

オールセラミック
金属を使わないセラミックだけでできたかぶせものです。
より自然な色あいと形を表現します。永年の使用にも変色せず、
健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
オールセラミック
電鋳メタルボンド
メッキの技術を応用して、より精密なかぶせものを純金で作り、その上からセラミックを焼き付けています。金属部分が純金ですから、歯茎との境目に気になる黒ずみが出にくく、明るく仕上がります。
電鋳メタルボンド
メタルボンド
金属の上にセラミックを焼き付けたもので、強度に優れ保険のプラスチックのかぶせものとは異なり、擦り減らず、変色もありません。
メタルボンド
ハイブリッドセラミック
セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。
保険のプラスチックのかぶせものよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。金属の上に重ねて作る方法と、強化繊維を入れて補強して金属を使用せずに作る方法があります。
ハイブリッドセラミック
オールセラミック硬質レジン
樹脂を素材にしたかぶせもの。永年使用していると、変色したり、擦りへってしまうことがあります。力のかかる奥歯については、補強する金属を使用することができないという制限があります。
オールセラミック硬質レジン

金属のクラウン

ゴールドクラウン
金合金で作られています。金合金はしなやかで歯との適合性もよく、天然歯に近い硬さで噛み合う歯を傷めませんし、歯茎との境目も黒くなりません。噛む力の強い奥歯での使用に向いています。
ゴールドクラウン
銀歯
天然歯と噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。
銀歯

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を白くしていく方法(歯の漂白)のことを言います。
ホワイトニングにもいろいろな方法があり、歯によっては、向き不向きがあるので、分からないことがあれば気軽に歯科医師に質問してください。

当医院では、主にホームブリーチング(自ら自宅にて行う漂白方法)とオフィスブリーチング(歯科クリニックにて行う漂白方法)を組み合わせたデュアルブリーチング法という方法で行います。この方法は、早く安全で高い効果を得ることが出来ます。

またホワイトニング後、歯の白さを維持するためには、定期的な処置が必要です。
ホワイトニング 術前・術後